弁護士は儲からない?

弁護士といえば、年収一千万円以上は当たり前というイメージがありますが、実際は「低所得」と言われる層の弁護士もたくさんいます。
なぜそのようになってしまったのか。
一つは、単純に弁護士の数が増えてしまったからです。
弁護士を目指す人は多いですが、人口自体は減っており、弁護士が余ってる状態が続いています。
簡単な手続き関係を担当する弁護士レベルでは、到底一千万円には届きません。
弁護士になるためには、司法試験という超難関を突破する必要があります。
そのために、仕事を辞めて勉強をする人も多いです。
数年費やすこともあります。
その先に高収入が待っていると思えばこそ頑張れるのだと思いますが、実態を知ると、司法試験を諦める人もいます。
その間に他の分野でキャリアを積んだ方が、よっぽど収入に繋がるかもしれません。
とはいえ、資格を持っていれば、できる業務はグンと広がります。
独占業務というものがありますので、そちらを専門に行なえば、それなりに仕事はあるかもしれません。
大切なのは、それくらい弁護士は余っていて、食いっぱぐれる可能性があるということを知っておくことです。